Capnocytophaga canimorsus 〔カプノサイトファーガ〕

Capnocytophaga canimorsus 〔カプノサイトファーガ〕
血液
染色像
グラム陰性桿菌(Gram Negative Rod)
染色の特徴
  • 細長いGram陰性桿菌
  • 染色性も悪く,紡錘形で,薄い
  • 条件によっては多型性を示す場合もある
頻度
★☆☆
抗菌薬
抗菌薬の待てる人: ABPC/SBT
抗菌薬の待てない人: MEPM
ポイント
  • Capnocytophaga canimorsusはFlavobacteria属に属する嫌気性菌である.ご多分に漏れず発育には時間がかかり,血液培養といえど陽性化には時間がかかる.C. ochracea, C. gingivalis, C. sputigena, C. leadbetteri, C. haemolytica, C. granulosa, C. canimorsus, C. cynodegmiの8つの種があり,C. canimorsus, C. cynodegmiはヒトへの病原性を持つことが確認されている.[1]
  • C. canimorsusはCapnocytophaga感染症のほとんどを占める種であり,イヌやネコの口腔内常在菌である.地域にもよるが,イヌの67~86%,ネコの55~84%に常在しているという.[1]
  • レビューによれば,患者は60%がSepsisの状態であり,髄膜炎の合併も見られていた.症状の出現率としては熱が最も多く85%,下痢・腹痛が21%と続き,嘔吐18%,頭痛18%,意識障害が12%となる.すなわち,特異的な症状に極端に乏しいのである.[2]
  • 本菌は免疫正常者でも発症がありうるが,すでに知られたリスクとして①脾摘後 or 無脾症 or 機能的無脾症,②肝硬変・アルコール依存,③骨髄腫などの液性免疫不全がありうる.そこに④ステロイド・リツキサンなどの免疫抑制剤が加わりつつある.Capnocytophaga感染症に遭遇した場合はこのような背景疾患に関して充分に検討すべきである.〔背景疾患がある確立は3倍である.が,死亡率はさほどかわらないらしい.〕[3]
  • イヌとの接触は78%で確認され,接触から発症までには平均3日間が必要であった.〔1~10日と幅はあるが.〕[2]
  • 初期治療はβラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン,セフェム,カルバペネムといったβラクタムで行われるべきである.βラクタマーゼ産生株の割合は定かで無いが,AZMには自然耐性であり,ST・AGへの感受性は様々であることがわかっている.キノロンも耐性株の報告はある.[1,2]
参考文献
  1. [1]  Up to date Capnocytophaga canimorsus infection
  2. [2]  Emerg Infect Dis. 2006 Feb; 12(2): 340–342.
  3. [3]  Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases, 9th
URL :
TRACKBACK URL :

何かあれば!

グラム染色の前書き

 風邪にクラビット、肺炎にセフトリアキソン、尿路感染にセフメタゾール...?本当にその抗菌 薬は必要だろうか?その処方は安心を買うためのものだろうか?耐性菌のリスクをどう評価するか? グラム染色は、そんな抗菌薬選択の答えを導くことができる。グラム染色(Gram Stain)をマスターし て、あなたの日常診療の強力に補助するツールを身につけよう。

グラム染色とは…?

 そもそも、グラム染色(Gram Stain)とは、細菌等を染色液によって染め、分類する方法である。名前の由来は1884年にデンマークの医師ハンス・グラムにこの染色法が発明されたことによる。日常診療やERで簡易に施行できるが、臨床での抗菌薬の決定や、治療効果の判定に大きな根拠となる。感 染症内科は言うまでもなく、日常臨床に携わるプライマリ・ケア医や総合診療医、家庭医にも重要な手技である。グラム染色(Gram Stain)は研修医のうちから習熟することが望まれる。

グラム染色のHPについて

 当HP「グラム染色(Gram Stain)」には、グラム染色(Gram Stain)の全てを詰め込んでいる。グラム染色(Gram Stain)の手順から染色像の判定、そして抗菌薬の決定から治療効果の判定までをできるだけ分かりやすく解説したつもりである。また、もしわからなければ、当方に直接相談できる窓口も設けた。どんどん相談してほしい。当ホームページ「グラム染色(Gram Stain)」を少し巡回された方はすぐに気づかれたとは思うが、マニアックなグラム染色像もふんだんに盛り込み、それぞれの菌についてはこころを込めてたくさんのポイントやトリビアを参考文献を付して提示した。患者さんが特殊な感染症にかかった時はもちろん、読み物としても楽しんで欲しい。

みなさまの日常診療の役に立て、少しでも患者さんのためになれば幸いです。

グラム染色(Gram Stain)管理人 代表 麻岡大裕(感染症内科)
平井孝幸(膠原病内科)、濱口政也(総合内科)、松島秀幸(膠原病内科)、植田大樹(放射線科)

大阪市立大学 細菌学教室 公認

osaka city university